ニュース

ホーム>ニュース

平成30年北海道胆振東部地震に係る災害に関して被災中小企業・小規模事業者対策

中小企業庁が発表している対策をご連携します。

大風21号ならびに平成30年北海道胆振東部地震について

9月4日に上陸した台風21号ならびに9月6日に発生した平成30年北海道胆振東部地震により被害を受けられたみなさまに心よりお見舞い申しあげます。

協同組合連合会 日本専門店会連盟

第28回日専連全国児童版画コンクール開催のご案内

 暮らしよいまちづくりを目指す協同組合連合会日本専門店会連盟の文化事業の一環として、子供たちの健やかな感性を育み、版画芸術の発展に寄与することを願い、全国の小学生児童を対象にした日専連全国児童版画コンクールを今年も開催致します。

昨年の第27回では、全国の小学校779校から46,061点の素晴らしい作品が寄せられました。
文部科学大臣賞および日専連理事長賞を受賞された小学生児童を2018年6月19日に開催した日専連第73回全国大会(千代田区)にご招待し、大会式典において表彰式を執り行いました。

以下の募集要項をご確認いただき、第28回も多くの小学校(小学生児童)にご参加いただけましたら幸いです。

○ 第28回日専連全国児童版画コンクール開催案内兼募集要項(PDF)

○ 応募の際、必要となる様式集(xlsx)

I Loveしずおか協議会の活躍

I Loveしずおか協議会の活躍

日専連静岡の森理事長が会長を務め

初の「まちづくり功労者国土交通大臣表彰」賞受賞

 

「I Love しずおか協議会」は、静岡中心部を愛する人たちで結成され、中心部にさらなる賑わいを創出するために活動されています。

本協議会の会長は、日専連静岡の森理事長が就任されて陣頭指揮をとられています。また、このたび本協議会の取り組みが認められ「まちづくり功労者 国土交通大臣賞表彰」を受賞されることが決定しました。

本協議会は、発足して5年になりますが、会員は450を超え、中心部の名だたる企業・団体が参加されています。これだけの規模を誇る「まちづくり協議会」はほかにあるでしょうか。市民からも共感が得られ、その活動は広がりを見せています。

詳細については、次号の機関誌『専門店』に詳しく掲載いたします。

 

本協議会森会長(日専連静岡理事長)右と、協議会の中心メンバーの沼田さん(日専連静岡青年会)。

 

2017061.JPG

にぎわい創出部会によるプレミアムフライデー・イベント。

4月のプレミアムフライデーは、新社会人の大名刺交換会を開催し大盛況!!

2017062.JPG

 

静岡中心部を練り歩く「サンタフェスティバル」

 

2017063.JPG

 

人口樹脂によるスケートリンク。子どもたちに大人気!!

 

2017064.JPG

 

青葉シンボルロード・イルミネーション

 

2017065.JPG

 

値域連携プロジェクト・プレゼンテーション風景

 

2017066.JPG

 

サマーインターン「まち歩き」

2017067.jpg

 

クリーンキャンペーン

 

2017068.jpg

防災・減災講座

 

2017069.JPG 20170610.JPG

 

 

 

 

 

地域連携プロジェクト「茶話会」

 

20170611.JPG

 

サマーインターン発表会

 

20170612.jpg

 

インバウンド部会・台湾との友好プロジェクト

 

20170613.JPG

 

インバウンド部会・ICTトライアル記者会見

 

20170614.jpg

らぶしずインターン参加者

20170615.JPG

 

そのほか、さまざまな取り組みを展開されていました。

今後のさらなる活動に期待いたします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機関誌『専門店』7.8月号「店人いま」予告

もうすぐ100年となる老舗刃物店で
萌えキャラ「おとぎちゃん」を
イメージキャラクターとして活用

沼田 千晴 ㈱政豊(日専連静岡)


201641.JPG次号の機関誌『専門店』7・8月号の取材店は、静岡で一番の賑わいを見せている静岡駅前の呉服町通りで、老舗刃物店として店を構える「政豊」さん。

店舗は2階にあり、1階入り口には老舗らしい紺ののれんと、その上に刃物をデザインした品のある店のロゴマークがあります。

そして、そのそばにはオレンジのブルマーをはき、背中に包丁を背負った萌えキャラ「おとぎちゃん」の大きい看板が通る人に笑顔を振るまっています。老舗の刃物屋さんと萌えキャラが実に対照的です。

 

201642.JPG 2016410.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2階に上がると、そこにも「おとぎちゃん」がお出迎え。店内にはこだわりぬいた包丁がすらりと並んでいます。そうかと思えば、生卵の白身を切ってくれるユニークな混ぜ棒などもあります。お客さまはプロの方から、家庭の主婦の方まで幅広く、また最近は海外からのお客さまも多く来店されているそうです。そして、店の奥には大きな砥石があり、お客さまが持ち込まれた切れ味が悪くなった包丁を、ここで丁寧に砥ぎなおしています。

 

201643.JPG 201644.JPG

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

201645.JPG 201646.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右上のハサミは、戦国武将の刀を模したハサミで、いろんな武将のハサミがあり、特に海外のお客さまに人気だそうです。

201647.JPG 201649.JPG

 

 

 

 

 

93年続く老舗専門店としての目利きと、砥ぎの技術、そして老舗の枠にとらわれないユニークなアイデアを生かして、ご商売をされていました。
詳しくは、次号の機関誌『専門店』をお楽しみに!


 

日専連第72回全国大会in名古屋

日専連第72回全国大会in名古屋
~新しさと文化の香る街なごや~

開催日:2017年6月13日・14日・15日
          開催地:愛知県名古屋市

da-307090.jpg


1.jpg













日専連第72回全国大会は、新さと歴史のある名古屋で、創立100周年を迎える名古屋専門店協会の皆さまが、名古屋ならではの「おもてなし」で、皆さまをお出迎えいたします。

また、今回の式典は名古屋城の正門前にある「名古屋能楽堂」で挙行いたします。いつもとは違った式典をお楽しみください。

さらに「日帰りミニ観光」は、名古屋の名所を見学いただいたのちに、名古屋専門店協会会員のお店で、その店のこだわりや、うんちくをお聞きいただいたのちに、スペシャルなお昼ご飯を召し上がっていただきます。

そのほか、名古屋の厳選した食材にこだわった記念パーティーはじめ、記念講演会、エクスカーションをお楽しみください。

スケジュールの詳細はコチラ ⇒ 第72回日専連全国大会in名古屋

北見 極寒の焼き肉まつり

日本で最も過酷なイベント
~北見 極寒の焼き肉まつり~
気温マイナス13度の中で、1700名が集う!

1 201780001.JPG


寒さ厳しい2017年2月3日、北海道北見市で「北見 極寒の焼き肉まつり」が開催されました。このイベントは、今年で18回目となるそうで、過去にはマイナス20度の中で開催したこともあるという、過酷なイベント。

きっかけは、転勤族が集まる飲み会で「"北見は焼き肉が旨い"もう一つ"北見は寒い"を掛け合わせてPRしたらおもしろい!」ということで、真冬の野外で焼き肉まつりが実現したそうです。

また、日専連ニックさんも第1回目から実行委員のメンバーとなって、チケットの販売なども行っています。

今年は、1700人が参加され、400台の七輪で肉が焼かれました。とにかくすごいイベントです!

2 20178DSC_0007.JPG


オープニングセレモニー。和太鼓を打ちならし、寒さを吹き飛ばす。この時点で、マイナス7度!

3 20178DSC_0016.JPG
巨大な七輪に、今年成人を迎えた新成人お二人による、オリンピックさながらの点火式が行われ、まつりはスタート。

4 20178MG_1362.jpg
あまりの寒さで、焚火に群がる人々。この紅蓮の炎が凄い!


5 20178DSC_0051.JPG









チケットは2000円。豚ホルモン、牛サガリ、豚肩ロース各100グラムと玉ねぎがもらえる。焼酎お湯割り、ソフトドリンクは飲み放題。お湯割りはすぐに冷えて、しばらくすると凍ります。

6 201780004.JPG
7 20178DSC_0012.JPG









七輪で、こんな感じで焼きます。味は最高ですが、寒いです!

8 201780075.JPG
9 20178SC_0063.JPG









1700人が400台の七輪で、一斉に肉を焼くので、辺りはものすごい煙となります。過去に、近隣の方が火事と間違えたこともあるとか・・・・


10 20178_0036.JPG11 20178SC_0030.JPG









12 20178DSC_0093.JPG13 20178MG_1375.jpg









楽しいショーが盛りだくさん。この時点で、気温はマイナス11度。
気温は下がるが、テンションはぐんぐん上がる!

14 20178_0106.JPG
ステージ前は大盛り上がり!!

19 20178.JPG
こんな方もいました。もちろん撮影許可はいただきました!

15 20178DSC_0059.JPG
16 20178DSC_0024.JPG








17 20178DSC_0049.JPG
18 20178DSC_0050.JPG










屋台もたくさん出ていました。

20 20178DSC_0068.JPG
わかりずらいですが、焼き肉に夢中になっていたら、鮭のひれ酒がシャーベット状になりました!!

17時半に始まり、凍える中で2時間半、20時になり、この過酷のイベントは終了しました!
皆さん、お疲れ様でした!!


21 20178IMG_1389.jpg

帰りは、女満別空港から札幌経由で羽田へ。札幌までのプロペラ機から見えた雲海は素晴らし待ったです!!





日専連創立80周年記念式典

日専連創立80周年記念式典
第71回 全国大会の開催

日専連が産声をあげたのは、昭和11年10月8日、東京の明治神宮社前において、全国の8組合(小樽、仙台、東京四谷、静岡、金沢、岡山、徳島、小倉)が集い、結成されました。

社会不安や不況にあえぐ小売業業界に一石を投じるものとなり、全国各地に日専連組織が発足し、現在の礎となり、商業運動がスタートしました。

この先100年、さらにその先も真商道を掲げ、活動してまいります

式典は、平成28年11月14日に東京両国の国際ファッションセンターで開催され、記念パーティーは、隣接する第一ホテル両国でご来賓を含め、約300名が参加されて開催いたしました。

日専連信条を朗読する駒形青年会長
2811141.JPG


「日専連の店からのお約束」の唱和を行う須賀青年会副会長
2811142.JPG

日専連山口理事長による式辞

2811143.JPG
塩崎泰久衆議院議員からのご祝辞
2811144.JPG
中小企業庁 木村陽一次長からのご祝辞
2811145.JPG
現在の礎を築いた創立時の組合表彰。左から、日専連小樽鈴木副理事長、日専連仙台藤原副理事長、日専連静岡森理事長、岡山専門店会長谷川理事長、日専連北九州岡本会長理事。
2811146.JPG
大会表彰の授与を受ける日専連弘前杉見副理事長。
2811147.JPG
勤続50年職員の賞状の受ける、渋谷専門店会前田局長。
2811148.JPG

版画コンクール受賞者

文部科学大臣賞を受賞した伊藤彩笑さん(小学3年)
2811149.JPG
日専連理事長賞を受賞した兼子澪侍さん(中学1年)
28111410.JPG
審査員の舩坂先生から、日本版画協会賞の賞状を焼尾 仁さん(小学6年)
28111411.JPG
審査員の舩坂先生からの励ましのお言葉
28111412.JPG
大会表彰者代表謝辞を述べる日専連福岡大久保理事長
28111413.JPG
次回の全国大会開催会である名古屋専門店協会津田理事長への大会の鍵の伝達
28111414.JPG
名古屋専門店協会津田理事長によるあいさつ
28111415.JPG


記念講演会
「メイドインジャパンの挑戦」
ファクトリエ代表
山田 敏夫 氏

28111416.JPG
28111417.JPG










記念パーティー

皆さまをお迎えする山口理事長をはじめとする役員
28111418.JPG
パーティー会場
28111421.JPG
熊本地震で被害を受けた日専連熊本の皆さまからのごあいさつ
28111419.JPG
料理の品々
28111422.JPG
日専連オリジナルワイン
281114.JPG熊本特産品が当たる、大抽選会
28111423.JPG
次回全国大会開催地の名古屋専門店協会アピール
28111424.JPG

日専連大西副理事長の三本締めで、記念パーティーは終了した
28111426.JPG

第2回目の「サンデー! キネマーケット」も凄かった!!

第2回目の
「サンデー! キネマーケット」も凄かった!!

1.20160911.JPG

伊東市「スカイドームキネマ通り商店街」が主催する「サンデー! キネマーケット」の第2回目が9月11日(日)に開催されました。閑散とした商店街で、特に日曜日の客足が少なく、その賑わいを取も戻す目的で開催した本イベント。

第2回目となる今回は、雨模様のため午前10時の時点で、前回ほどの賑わいはありませんでした。しかし、それでも結構な人出があります。近隣でフリーマーケットなど、大きなイベントが2つ予定されていましたが、雨のために中止となり、昼を過ぎるころから、さらなる賑わいが出てきました。また、本イベントでFMの生放送があり、この賑わいがリスナーにも伝わり、集客力はアップしたようです。


3.20160911.JPG

前回同様に渋谷の須賀さん(右)も参加され、渋谷ハチ公ソース100本をほぼ完売、そのほか、渋谷の西村フルーツの「フルーツゼリー」も販売。今回も盛岡会の北田さんのロールケーキ100本が提供され、賑わいを見せていました。


2.20160911.JPG

日専連沼津理事で、本商店街理事長の河野さん(左)、商店街の三田さん(右・日専連沼津青年会員)はじめ、多くの方がフェイスブックに本イベントについて投稿したことによる効果は大きいと河野理事長は言います。

4.20160911.JPG

出店は食を中心にしたものが多くありましたが、水の中に足をつけると、その中にいる魚が足の角質を食べてくれるという、ユニークなお店もありました。

5.20160911[.JPG

また、焼きそば対決ということで、地元の田中製麺所の極細の焼きそばと、全国的に有名となった富士宮焼きそばが対決。結果、田中製麺所の焼きそばに軍配が上がったようです。お昼にその焼そばをいただきましたが、今まで食したソース焼きそばの中で一番おいしかったです。細麺でもコシがしっかりあり、話を伺ったら、焼きそばではなくラーメンの麺をアレンジしたものだといいます。そのため、細麺でもコシがあるのです。

価格は富士宮が600円に対し田中製麺所は中盛りで350円。この中盛りは焼きそば3玉分。イベントではいつもこの量と価格だそうです。一人では食べきれません。ちなみに大盛り(長男)は、4玉で400円という安さ。安い・うまい・ボリューム満点で、それに勝るものはありません。この店が最も長い行列でした。

6.20160911.JPG

また、地元の高級料亭も出店し、アナゴ、イカ、エビなどのてんぷらを提供。アナゴ1本700円という価格でしたが、行列が絶えませんでした。

7.20160911.JPG

今回も、前回同様30店舗が出店しましたが、応募はその倍以上あったそうです。近隣で大きなイベントが2つあったにも限らずこの人気は、前回の成功があったものと考えられます。

8.20160911.JPG
そいして、前回はシャッターを閉じている店もありましたが、今回はほとんどの店がシャッターを開け、かつ、店の前にワゴンなども出して積極的に販売をされていました。
3時には失礼しようとしましたが、河野さんにビールを進められ長居をし、最後は直会まで参加することに・・・。

10,20160911.JPG
11.20160911.JPG









左は地元のパン屋さん。完売して売るが無くなってしまった。
右は、地元の豆腐屋さん。2007年の楽天の豆腐売れ筋部門で1位に。また、満天青空レストランのテレビなどに取り上げられている、有名店。


今後の展開など、詳細は機関誌『日専連』11・12月号に掲載。

お楽しみに!!


第1回 サンデー! キネマーケット開催

日専連のネットワークを生かした商店街コラボイベント

閑散とした商店街が信じられない賑わいに!
伊東市「スカイドームキネマ通り商店街」


2807172.JPG
2807173.JPG









日専連沼津の理事で、元日専連青年会長の河野さんが理事長を務める伊東市の「スカイドームキネマ通り商店街」で、日専連つながりで昨年に商店街姉妹提携を結んだ渋谷道玄坂商店街とのコラボイベントが7月17日(日)に開催されました。
道玄坂商店街からは、日専連渋谷の脇田専務、清水理事、須賀青年会長、大西さん(青年会員)が応援に駆けつけ、渋谷名物ハチ公ソース80本を売り切りました。
また、日専連盛岡の北田さんのプランタンプランのオリジナルロールケーキ70本は1時間持たずに完売しました。

2807171.JPG

2807175.JPG
2807179.jpg




















この商店街は、伊東の駅前から続く商店街の一番奥にあり、「キネマ」とあるように、昔は映画館が数軒ありましたが、今はありません。
立地的には一番奥にあるため、観光客は訪れることはなく、地元客で成り立っています。
人通りは少なく、特に日曜は閑散としていることから、日曜を定休日にしているお店も多くあります。
この商店街では、記憶に残る限り、イベントなどは開催したことはなく、商店街活動は停滞していました。
そんな中で、河野さんが昨年に商店街理事長に就任してからムードは一新しました。世代交代を図り、いくつもの障害を乗り越えて、今回のイベント開催にこぎ着けました。

2807174.JPG
2807177.JPG









商店街の皆さんは、「まったく人通りのない商店街が、こんなに人があふれるとは驚きです」「ありがたいことだ。とにかく人さえ来てもらえれば何とでもなる」「新しいお客さまがたくさん来店いただき嬉しい」などの声がたくさんありました。

この仕掛けの裏話などは、機関誌『専門店』 9・10月号に掲載しますのでお楽しみに!!