ニュース

ホーム>ニュース

機関誌『専門店』7.8月号「店人いま」予告

もうすぐ100年となる老舗刃物店で
萌えキャラ「おとぎちゃん」を
イメージキャラクターとして活用

沼田 千晴 ㈱政豊(日専連静岡)


201641.JPG次号の機関誌『専門店』7・8月号の取材店は、静岡で一番の賑わいを見せている静岡駅前の呉服町通りで、老舗刃物店として店を構える「政豊」さん。

店舗は2階にあり、1階入り口には老舗らしい紺ののれんと、その上に刃物をデザインした品のある店のロゴマークがあります。

そして、そのそばにはオレンジのブルマーをはき、背中に包丁を背負った萌えキャラ「おとぎちゃん」の大きい看板が通る人に笑顔を振るまっています。老舗の刃物屋さんと萌えキャラが実に対照的です。

 

201642.JPG 2016410.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2階に上がると、そこにも「おとぎちゃん」がお出迎え。店内にはこだわりぬいた包丁がすらりと並んでいます。そうかと思えば、生卵の白身を切ってくれるユニークな混ぜ棒などもあります。お客さまはプロの方から、家庭の主婦の方まで幅広く、また最近は海外からのお客さまも多く来店されているそうです。そして、店の奥には大きな砥石があり、お客さまが持ち込まれた切れ味が悪くなった包丁を、ここで丁寧に砥ぎなおしています。

 

201643.JPG 201644.JPG

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

201645.JPG 201646.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右上のハサミは、戦国武将の刀を模したハサミで、いろんな武将のハサミがあり、特に海外のお客さまに人気だそうです。

201647.JPG 201649.JPG

 

 

 

 

 

93年続く老舗専門店としての目利きと、砥ぎの技術、そして老舗の枠にとらわれないユニークなアイデアを生かして、ご商売をされていました。
詳しくは、次号の機関誌『専門店』をお楽しみに!