ニュース

ホーム>ニュース

第25回 日専連全国児童版画コンクール

第25回 日専連全国児童版画コンクール

日専連の全国児童版画コンクールも25回目を迎えました。第1回目の6年生の児童は、37歳になっており、小学生くらいのお子さんがいてもおかしくありません。

今回も、全国の日専連の各会から19組合ほか、学校からの直接応募が30校あり、総学校数837校、総作品数48717点の元気ハツラツな作品が寄せられました。「作品数の多さは世界一である」と審査員の先生方はおっしゃいます。また、25回を記念して「第25回記念審査委員特別賞」が設けられ、5作品が選ばれました。

【文部科学大臣賞】
伊藤彩笑さん 「あやとりで あそんだよ」 
郡山市立穂積小学校2
真剣な表情で、手元を見ながら糸をあやつる様子が
ていねいに彫られており、温まる美しい作品です。


201603011.JPG

【日専連理事長賞】
兼子澪侍さん 「土星が見えた!!」
 上士幌町立北門小学校6年

望遠鏡を覗く先に土星の輪が見えるようでワクワクする画面です。
構図も面白く印象に残る作品です。

201603012.JPG
【日本版画協会賞】
焼尾 仁さん 「ジャングルジム」 
西原村立河原小学校5年

子どもたちとジャングルジムとの複雑な場面を見事に表現していて、
とても魅力ある作品です。

201603013.JPG


【青年会長賞】
荒木汰吾さん 「アゴヒゲアザラシ休けい中」
 二戸市立浄法寺小学校4年

一刀彫で彫り上げたアザラシの表情が、
シンプルでメリハリのある作品に仕上がっています。


201603014.JPG




【第25回記念 審査員特別賞】
伊藤蓮太さん 「おおきいカブトムシ」 
帯広市立明和小学校1年

題材をしっかりとらえて、画面からはみ出した迫力満点の作品です。

201603015.JPG
田村莉瑚さん 「あやとりでできた!!」 
沼津市立愛鷹小学校2年

おおきく手を広げ、あやとりの楽しさいっぱいの
作品に仕上がりました。

201603016.JPG

廣田悠奈さん 「花火を見たよ」 
宇城市立豊川小学校2年

花火の表現に網目の素材を使って見事でした。
花火の華麗な美しさと大きな音にビックリしている様子が、
楽しく表現されています。

201603017.JPG

島田拓歩さん 「夜のゆり」 
北九州市立曽根小学校5年

構図、色彩のバランスが見事で、心に残る美しい作品です。

201603018.JPG

石川健太さん 「気のいい火山だん」 
釜石市立小佐野小学校5年

ユーモアいっぱいで、物語豊かで引き込まれる魅力あふれる作品です。

201603019.JPG



来年も、すばらしい作品と出会えることを
楽しみにしています!!