日専連概要

ホーム>日専連概要

日専連概要

協同組合連合会 日本専門店会連盟(以下 日専連)とは

-- その組織 --
全国各都市の小売商業者で組織した協同組合組織の連合体です。
私たちは、小売商業者の社会的立場とその使命をはっきりと認識し、日頃から社会生活に即した小売商業の道を開拓しています。社会と共に繁栄しようという理想のもとに、志を同じくするものが共同してその実現のために日々活動しています。
-- その理念 --
利益によって集まったものは、その利益を失うことによって離れます。しかし、高い理想によって結ばれたものは、その理想と共に栄えることを確信しています。 日専連の同志は、心と心で結び合い、互いの理想を実践できる店を日々経営し、その業績と信頼の総和が日専連の力となっています。各々の店は、消費者にとってより便利で満足のいく店づくりを目指しています。そして、売り場を通して幸福な社会を創造しようとすることが小売商業者の責務であり、それを実践することが社会的立場を向上させ、かつ安定させることに繋がると確信しています。日専連は、こうした理念に基づいた経営を追求する組織形態であると同時に、日本小売商業革新運動の母体ともなっています。
【所在地】 協同組合連合会 日本専門店会連盟
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-4 日専連朝日生命ビル7階
TEL 03-3255-0640 / FAX 03-3255-6600
【 設 立 】 昭和11年10月8日
【法人化】 昭和27年5月1日
【正組合】

48会(平成27年3月現在)

【準組合】 5会(平成27年3月現在)
【賛助会】 19社(平成27年3月現在)
日専連

このマークは個性あふれる「N」が結集し、「太陽」を形づくり、一つの組織として光輝いています。これは、各組織の独自性を出しながらも一つのビジョンに向かって集り協力し合い、外に向かって成長・発展していくことを表しています。
人々に暖かい光とエネルギーを放射し続ける日専連の姿です。